-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状態より行動をほめる 間違いだらけの子育て 賢い 努力 挑戦

人をほめるとき、とくに子どもをほめるときは「賢いね」より「努力したね」「頑張ったね」とほめる。

これは、「間違いだらけの子育て」のほか、いくつかの研究で紹介されている話。
研究の結果、以下の傾向があるそうだ。
  • 「賢いね」と優れている状態をほめると、子どもは賢く見える状態を維持しようとするので、難しい問題に挑戦する姿勢を失う。
  • 「努力したね」と行動をほめると、子どもは努力という行動を維持しようとするので、難しい問題にも挑戦し、努力をするようになる。
(注:もちろん、難しい問題に挑戦した結果、できなかったときに、できなかったことを責めてしまうと台無しになるので注意。)

似た話として2点ほど。

1 イチロー選手
かつて、以下のようなことを話している。
  • (今は)高打率は目標にしない。
  • なぜなら、打者が打席に立ってヒットを打てる確率は3割程度なので、打率を維持しようと考えると、打席に立つと打てない確率のほうが高いから、打席に立ちたくなくなる。
  • 打数を増やす事を目標にする。
  • 打数ならば、いくら打席に立っても減ることはない。
  • また、打席に立ってはじめて、打数を増やすことができるので、打席に立とうという意欲がわいてくる。
(注:2013年現在、打数の目標もあまり口にしなくなっている。)

2 アタックス・セールス・アソシエイツ取締役副社長の横山信弘
営業活動について、成約率ではなく、顧客あるいは新規営業先との単純接触回数を重視して行動する手法を推奨している。
スポンサーサイト

完了済のやることリストを未来に活かす。スケジュール、ToDo、タスクの管理と再利用、手順書

やることリスト(ToDoリスト、タスクリストともいう)の項目を片付けたら、もう2度としないことなら削除してもよいが、
繰り返しやる事なら、そのリストを未来のスケジュールの項目としてコピーして再登録しておく。

このとき、余裕があれば、未来の自分が思い出しやすいようにしておくとよい。

例えば、
  • 文章を整える。
  • 注意点を付け加える。
  • いつごろ着手して、いつごろ片付いたか。

このうち、「いつごろ着手して、いつごろ片付いたか」は、次回やるときに、どれくらいの時間を見込めばいいか予測が付きやすくするため。

スケジュールで設定する未来の日付は、実施予定日より少し前にしておき、思い出す時間を見込んでおく。
これを繰り返していくと、
  • 次回やるときに、「やることリスト」をいちいち書き出さなくてよくなる。
  • やることリストが、ルーチンワークの作業手順書になっていく。
この「作業手順書」が出来上がるとメリットがある。

例えば、
  • 印刷して人に用事を頼むことができる。
  • 仕事であれば人事異動の際にスムーズな引継ぎができる。

以上のやり方は、スケジュールとやることリストをデジタル(パソコンや携帯)で管理しないと難しいだろう。
理由は、
  • 現在のやることリストを「コピー」、「貼り付け」、「編集」する必要がある。
  • 複数のやることで構成されている「やや複雑な用事や業務」になると紙のスケジュール帳ではスペースが足りない。
ということが起きやすいため。

やることリストをデジタルで管理するほうがいい、という話は
記事「やることを書き出す。(やる気、Todoリスト、Excelなど
でも書いている。

外見で色気を出すなら、好きな人の前だけにする。

外見で色気を出すなら、好きな人の前だけにする。
「普段は真面目そうなのに、私(俺)だけにこういう姿を見せてくれる」
というのは男女ともに「グッと来る」要素。
「危ない人」にターゲットにされないようにするで書いた内容の応用編。

外国株投資も考える。海外分散投資、為替、手数料、香港株、グローバル企業など。

株を買うときに、

「日本で上場しているグローバル企業を買えば、海外分散投資になる」

「よって外国株を買う必要はない」

という主張もあるが、
個人的には香港株が為替レート的にも「企業の価値÷価格」的にも日本株より割安だと思っている。
だから、日本だけではなく世界の市場にも目を向けたらいいのではないか。

ただし為替手数料や取引手数料には注意。
ロシア株も安そうだけれど手数料率を計算してみると、もったいない気がする。
取扱銘柄も少ない。

外国の証券会社に口座開設する方法もあるが、その会社が不手際をやり、英語でクレームをつけないといけない事態を想定してしまうので、私は今のところそこまでやっていない。

以下の条件を満たす外国株を考えると、今のところ、SBI証券で香港株取引、が妥当、という気がする。
条件
  • 日本の証券会社が取扱っている。
  • 取扱銘柄数が豊富。
  • 手数料(為替手数料、取引手数料含む)が安い。
  • 情報(企業情報、株価情報)が安価かつ豊富に得られる。

今回の記事は
VMaxの投資のブログ 記事「グローバルな自国株式は国際分散投資を代替するか?」
を参考にさせていただいた。

※この情報は2013年3月2日現在のもの。

「Gmailを消されても大丈夫」にしておく。(事前警告なし、Googleカレンダー、Googleアカウント、クラウド)

Googleアカウントは、警告なく削除されることがあるそうだ。
対策としては、以下のようなものが考えられる。

  • Gmailでユーザー登録しているサイトはメールアドレスを変更する
  • Gmailが削除された後に別のメールアドレスで連絡を取る事が困難な相手にはサブのメールアドレスや連絡手段を今から教えておく
  • クラウド型のサービスには消えてもアクセスできなくなっても問題ないデータしか残さない
  • 大事なデータは自分のパソコンや他社のクラウドサービスにもバックアップしておく
  • クラウド型のサービスには依存せず、自分のパソコンにインストールするタイプのメールソフトを使う(Googleカレンダーをつかっているなら、スケジュール管理ソフトも同様)


元ネタは
ブログtappli blogの記事「Googleアカウントを消されてしまった話」「Googleアカウントが復元された話」(管理人t2lowさん)

t2lowさんはその後、復元してもらえた、とのことだが、
  • その理由はわからない
  • 復元したという連絡も無い
とのこと。


以前、新聞(産経新聞か地方紙)で読んだのだが、
ある案件で、Googleに弁護士を介して抗議したが、取り合ってもらえないという話があった。
「当社は米国の法人であり、日本の法律は適用されない。」という理由。

Googleの判定は覆らないようだし、覆るかはほぼGoogle次第だし、争っても労力がかかりすぎる。

クラウドサービスに依存する仕事術を提案なさっている方々は、消されたらどうするのだろう。野口悠紀雄氏→Gmailとか。

«  | ホーム |  »

プロフィール

人生攻略法の中の人

Author:人生攻略法の中の人
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
免責事項: (1)

全記事一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。